中古バイクの選び方

*

購入時に必要なもの

   

「バイクを購入する際にはどういうものが必要となるのだろう?」と思っている方もいると思います。「もしかすると、すぐに希望のバイクが見つかるかもしれないから、今から準備していきたい」と考えている方もいるでしょう。

では、バイク購入時にはどういうものが必要となるのかご紹介しましょう。

まず、バイク購入を契約する際には住民票が必要です。原付バイクを購入する際には、住所が確認するものがあればそれでOKです。そして、契約時には書類を作成するので印鑑と口座番号などの控えが必要です。クレジットカードを利用する際には、クレジットカードがあれば良いでしょう。未成年の場合には保証人が必要となりますので、それらも準備しておきましょう。

つぎに、現金も必要となります。購入時には本体価格だけではなく、オプションとしてヘルメットやグローブなどの費用もかかります。また、任意保険に加入し、盗難保険やグッドライダー防犯登録等の費用も必要となるでしょう。

諸費用としては、自賠責保険、登録費用、税金などが必要となります。「どのくらいで納車になるのだろう?」と思っている方も多いと思いますが、一般的には1週間程度で納車されることが多いです。購入時には、この納車方法などもしっかりと確認しておくと良いでしょう。

このように、バイク購入時には様々なものが必要となりますから、事前に準備しておくと安心ですよ。

 - 中古バイク購入の流れ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
中古バイク販売店を探す

中古バイクを購入する際には購入店を探す必要があります。「近場のお店であれば良いだ …

no image
信頼出来る販売店選び

中古バイクを購入する際、こだわりのメーカーがある方もいれば、「どうしてもこの車種 …

no image
希望バイクを探す

中古バイクを探す際には、店頭で様々なバイクを見ていくことになると思います。「これ …

no image
契約時の注意

中古バイクを購入する際には、販売店とトラブルになるケースもあります。こういったト …